「普通の男性がいないと嘆いている」婚活女子へ~勘違いにならないための4つのアドバイス~

こんにちは!
大阪市鶴見区にある

40代・50代専門の結婚相談所 鶴見結婚相談所@LINKSです。

婚活中の人から「普通の男性」という言葉を聞くようになってしばらく経ちますが、「普通の男性」ってそんなに出会えないものなのか?という疑問があるかと思います。

本コラムではそんな「普通の男性」について記載いたします。
目次

婚活女子が求める「普通の男性」についての勘違いとは

婚活中の女性からよく耳にする話です。

「全く理想の男性に出会えないから、婚活を諦めようかと思う」

「普通の男性と出会いたいだけなのに、それさえ叶わない」

彼女達も婚活をしている以上、理想のパートナー像を持っているはずです。

その理想に少しでも近い男性を選びたいという気持ちはすごく理解できます。

マッチングアプリなどで男性を条件検索する際、多くの人はまずは高スペックと思われる条件で検索します。

スペックが高い男性は、マッチングアプリや結婚相談所でも非常に人気があり、女性からの申し込みがひっきりなしに舞い込んできます。

高収入の男性であれば、40代であっても20代の女性からお見合いの申し込みがあることも珍しくありません。

注意しておきたいのは、”結婚相談所に入会すれば好条件の男性と結婚できる”と勘違いしてしまうことです。

高スペック男性のモテモテ状況は先ほどお伝えした通りになりますが、それじゃあ「普通の男性」は違うでしょ?と思っているかもしれません。

残念ながら「普通の男性」も同様に、婚活女子がこの人と会ってみたいと思えるような条件の男性は、他の女性も同じように思っているので、めちゃくちゃ競争率が高い!ということを理解しておく必要があります。

この点を理解できていないと、結婚相談所に入会しても希望する男性ともお見合いができないという、想像していた結果と異なる現実を受け入れられず、残念ながら退会につながってしまいます。

もう一つの勘違いは、IBJに入会している男性は好条件の人が多く、年収に限って言えば、IBJの男性会員の平均年収は高めなのです。

そうした好条件の男性のプロフィールばかりを見ていると、「普通の男性」に目が向かなくなります。

結果として「普通の男性」の基準が上がってしまい、「普通の男性」とすら出会えないと感じてしまうのです。

希望する男性像を明確にしよう

自身がどのような男性を求めているのか、その基準を明確にすることは、婚活において非常に重要です。

まずは、結婚相手に求める必須条件と、必須ではないけどあったらいいな、くらいの条件をリストアップして紙にかきだしてみること。

こうすることで、自分の希望を冷静に分析することができます。

IBJに入会している男性プロフィールを閲覧していると、魅力的な人が多く目移りしてしまったり、判断力が鈍ることがあります。

そうなると条件に固執しすぎると、相手の内面に目を向ける余裕がなくなってしまいます。

そんな時には書き出したリストを見返すことで、自分が本当に求めている男性像を再確認することができます。

婚活女子の考える「普通の男性」は実は普通ではない

それでは婚活女子が言う「普通の男性」とは、一体どのような人を指すのでしょうか。

よく挙げられる条件を見てみましょう。

年収500万円以上
大学卒業
身長170cm以上
正社員
長男ではない
清潔感がある
常識とマナーがある


これら全てを満たす男性を「普通の男性」と考えがちですが、実際にはこれらの条件を全て兼ね備える男性は多くありません。

結婚相談所においても、これらの条件を持つ男性は非常に人気があり、お見合いを組むのが難しい人なのです。

さらにこれらの条件を持つ男性は、一般的な出会いの場でも人気が高く、学生時代から交際している女性がいたり、社会人になってからも魅力的な女性と出会っている可能性が高いのです。

そのため、婚活女子が一般社会で「普通の男性」と出会う機会があったとしても、彼らは既にフリー、もしくはシングルである可能性が低いのです。

このように、一見「普通」に見える男性でも、その人気ゆえに出会う機会が少ないのが現実です。

婚活女子の間で「普通の男性」への期待が強いため、結婚相談所やマッチングアプリにその期待を持ち込んでも、なかなか出会えないことが、「普通の男性にすら出会えない」という意見に繋がっているのです。

「普通の男性」を育てるという視点をもとう

婚活女子が見落としている点があります。

それは「普通の男性」が最初から婚活女子が求めているスペックの状態ではなかった、という事実です。

どういうことかというと、「普通の男性」とは、交際経験や社会生活を通じて洗練され、「普通」へと成長してきた男性が多いのです。

男性は経験を積むことで変わっていくものです。

婚活女子が望む「普通の男性」とは、実は誰かの手によって指導・教育された結果の人物であり、既に完成された状態なのです。

したがって、まだ「普通の男性」に成長していない男性を、女性が自ら育てることで、「普通の男性」との結婚が実現出来るのです。

身長や年齢、続柄など変えられない要素はあるものの、清潔感やマナー、ファッションセンスなどは教育によって改善が可能です。

その他、家事や子育てを一緒にすること、体型などに関しては食生活や運動を通じて改善するなど、あなたが望むような男性に育てることで希望が叶うのではないでしょうか。

さいごに


参考として、IBJの大阪での婚活市場についてお伝えすると、男性よりも女性の方が多いという現実があります。(※京都や兵庫は確認していません)

これは、大阪に限定した場合、IBJの婚活市場では男性が優位に立っているということを意味します。

休会中の方を除き、全年齢の会員数を私が直接数えた結果は以下の通りです。(2024年3月8日現在)

女性:3520名

男性:2460名


この数字だけを見ても、女性同士で少ない男性を争う状況が生まれており、希望する条件の男性に出会う確率はさらに低くなっています。

条件に固執するよりも、譲れない条件だけを満たす男性を見つけ、その人を自分好みに育てていくことが、人生を楽しくする過程になり幸せな将来を一緒に歩んでいけるのではないでしょうか。

婚活はそれぞれ個人が思うように行動することが一番納得できると思いますが、時には悩んだり迷ったりするでしょう。

そんな時はぜひ無料相談からお気軽にご相談くださいね。


専任カウンセラーがご相談をお受けしています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次