婚活がつらくてやめたい~挫折しそうな心境について

こんにちは!
大阪市鶴見区にある40代・50代専門の結婚相談所 鶴見結婚相談所@LINKSです。


婚活をしている方で、過去に婚活がつらかった、もしくは今現在もつらいと感じている方は多いです。

婚活を始めたらすぐにいい人と出会えると思っていたけど現実は違っていた、このような時につらくやめたいと思ってしまいます。

自分で決めて始めた婚活であるはずなのに、なぜつらくなってしまうのでしょう。

このコラムでは婚活のどんなところでつらいと感じているのか、また、どうすればつらく感じずにいられるのか、アドバイスを記載していますのでぜひ参考にしてください。

※補足しておきますと、婚活におけるつらさの感じ方は個人により大きく差があり、ここに記載していることはあくまで一般的な内容で、全ての人に対応したものではありません。
目次

自分の需要の見誤り

過去は普通にモテてきたし婚活を始めてもすぐ良い相手が見つかるだろう、と思っていたが、現実は違っていた。

このように感じる方は多いです。

ではなぜ、思ったように婚活が進まないのでしょうか。

それは、婚活を開始した年齢にも原因があるのかも。

過去にモテていたのは、学生や若い時期だったかもしれません。

その感覚で、30代を過ぎて婚活を開始た場合は、過去ほどモテなくなっている、と感じることがあるでしょう。

女性で特筆すると、男性から一番モテる年代は20代ですが、30代に入った途端に状況が変わってしまうというのはよくあります。

過去と現在の自分を重ねてしまい、年齢を重ねてきた現状の自分をなかなか受け入れることが出来ない、という状況です。

男性についても、年齢を重ねるにつれて体型や頭髪が薄くなってきたりと、見た目もどんどん変わっていきます。

今の自分と向き合い過去は過去、現在は現在と受け入れましょう。

理想の相手と出会えないと感じた時

結婚相談所で婚活を始めると、まずはプロフィールを見て気に入った方にお見合いを申し込みます。

初めて申し込みをする時は、自分のイメージしている理想に近い人へ、お見合いを申し込みしているはずです。

その理由は、お見合いを断られる経験をしていないため、相手から見た自分の評価がわからないためです。

例えば、40代の男性が理想の女性としてイメージとしているのが20代女性であったとします。

そこで実際に20代女性にお見合い申し込みをしても、相手にされずに瞬殺されてしまいます。

この瞬殺されるという現実を初めは理解できておらず、婚活を開始して初めて現実を突きつけられるのです。

このように、自分自身の理想とする相手と全くお見合いも組めない、という場合に婚活がつらく感じてしまいます。

対処方法としては、自分の理想とする相手は現実と照らし合わせて釣り合う人なのかを俯瞰してみることで、理想と現実の修正をしていく必要があります。

理想が高すぎる

婚活者の中には理想を追い求め過ぎているあまり、お見合いを申し込んでも理想の相手と全くお見合いも成立しない、と感じる人もいます。

ここで注意する点なのですが、理想は高いことを承知で追い求めているのか、理想が高いことを認識していないかで、本人の精神的ダメージは違ってくるということです。

前者の場合は、自分と相手に溝があることを知っているため、ご縁がなかった場合でも、次に行こう!と切り替えることができます。

ですが後者の場合は、なぜ申し込んでもダメだったのかを理解できず、そのため理想の相手と出会えないという思い込みをしている傾向があります。

この場合、優先度の低い条件にはこだわらないようにするなど、相手に対してのこだわりを整理していくことをおすすめします。

お金と時間がもったいないと感じる

結婚相談所に入会していてもお見合いすら成立しないという状況の場合、高いお金を払って活動していることに対して、もったいないと感じてしまうかもしれません。

また、男性であればお見合いは決まるのに仮交際へ発展できないという場合は、お見合い時の費用ばかりかかってしまってストレスに感じてしまう、ということもあります。

このような時は、なぜ成果がでないのかを婚活のプロである仲人に相談し、客観的にみた婚活の方法についてアドバイスをもらいましょう。

そのアドバイスを素直に聞いて、修正出来るところはどんどん修正するのがよいです。

一番よくないことは、ネットなどで聞きかじった情報をもとに、自分で何とかしようと頑張ってしまうこと。

今の状況を一番理解している仲人に相談しないのは、それこそ時間の無駄になってしまうためもったいないです。

自由な時間がなくなることでストレスを感じる

婚活を開始すると予想以上にプライベートな時間がなくなります。

プライベートの時間を確保したいという人にとっては、かなりストレスが溜まってしまって婚活自体がつらくなってしまいます。

積極的に婚活をするようになると、服の購入、ヘアーサロン、お見合い、仮交際に発展すると週末はデート、といった具合に時間がなくなってしまいます。

特に、仮交際を同時並行でするようになると、毎週末は誰かとデートをしているという状況になり、本当に時間がなくなることを実感することでしょう。

そうなると、大事になってくるのが時間管理になります。

時間の使い方として、何に重点を置いているのかをリストアップして優先順位をつけていきましょう。

例えば、夜の22時以降は勉強の時間にする、休日の13時までは外出の時間とし、お見合いやデートは入れない、など自分でリフレッシュできる時間を予め確保しておくなど、工夫をしましょう。

何でもかんでも、予定を詰め込んでしまうと、気持ちが安らぐ時間もなくなってしまうため、注意が必要ですよ。

婚活を頑張りすぎる

婚活につらさやしんどさを感じている人は、頑張りすぎている可能性があります。

これまで挙げてきたような理由で疲れてしまってはいませんか?

もし疲れていることを実感していると、少しペースを落とすことをおすすめします。

仲人に相談してお見合いの取次を止めてもらったり、自分の時間を多めに取るようにしたり、婚活のことを全く考えない日を作ってみるのも良いです。

気持ちが付いてこないのに、婚活を頑張っても相手も楽しく感じないでしょうし、何よりご自身が笑顔になれません。

婚活は無理にするものでもありませんので、気持ちが落ち着いた時に改めて再開する、くらいのゆるい気持ちでするくらいでちょうどいいでしょう。

以上、婚活がつらいと感じる原因を記載してきました。


もし、今の婚活状況と照らし合わせて、ちょっと頑張り過ぎだな、理想を追い求め過ぎてるな、と感じた時はいちどご自身の活動を振り返ってみてください。

それでもお悩みなどがありましたら、お気軽に無料相談からご相談くださいね。


専任カウンセラーがご相談をお受けしています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次