デートで重要な深い会話と成婚への道

こんにちは!
大阪市鶴見区にある40代・50代専門の結婚相談所 鶴見結婚相談所@LINKSです。

お見合いからデートが出来る関係へ進展するには、男女双方が仮交際への進展を希望してようやくデートができるようになります。

デートプランを考えることもワクワクすることと思います。
どんなことろへ一緒に行こうか、とか、一緒に何を食べに行こうと、いろいろ悩んだり迷ったりもあり、時には大変でもあるのですがそれも楽しみの一つですよね。

ということで、突然ですが質問です!

結婚相談所で出会った二人のデートと自由恋愛で知り合った人のデートで決定的に違うところがあるのですが、それは何かわかりますか?

ここは結婚相談所で成婚するために非常に重要なお話なので、しっかり意識してほしいところです。
目次

自由恋愛でのデートと結婚相談所でのデートの違いとは

一般的なデートのイメージというと、どこかへ遊びに行ったり、ご飯を食べに行ったり、時にはお家でご飯を一緒に作ったり、というのをイメージしている方が多いのではないでしょうか。

結婚相談所で出会った二人のデートでも、そういった行動においてはあまり変わりはありません。

それでは結婚相談所で出会った二人のデートは何が違うのか?

結婚相談所でのデートにおける位置付けとは、、
より相手を知ったり、自分の事を知ってもらう場であることを意識する
というです。

そんなこと、普通のデートと一緒じゃないか!
とお叱りを受けそうなことを書いていますが、このあとのことをじっくりと読んでみてください。

自由恋愛を経て結婚をする方は、お付き合いが始まって1~3年くらいの交際期間がある方が多いと思います。

長い月日をかけて相手を知り、ようやく結婚に至るというのが通例ですね。

一方の結婚相談所のお付き合い期間は、上記の1~3年という期間を約3ヶ月という短い期間にギュッと凝縮しており、この短い期間でこの相手と結婚できるかどうかを判断する必要があるのです。

IBJのルールは仮交際2ヶ月、真剣交際1ヶ月での交際を基本的なルールとしています。
※もし3ヶ月で判断が出来ない方の場合でも最長は6ヶ月まで延長が可能。

自由恋愛では何気なく楽しく過ごしているデートだと思います。
そのデート中に結婚の気持ちはある?年収はどれくらい?将来の住まいはどうしたい?といった内容を話し合っていますか?

こういったデリケートな内容って
何となしに触れてはいけないような、、
触れてしまうと関係が壊れそうで聞きにくいとか、、
そもそもまだ結婚する気がないので聞かないよ~とか、、

遠回しにする感じになっていませんか?

私がお伝えしたいのはまさにこの部分なのです。

結婚相談所で出会った方とのデートでは、結婚を意識しているお二人という前提なので、前述の触れにくい部分がサラッと聞けてしまうのです。

むしろ、この部分を聞かないと相手からは『この人は結婚する気持ちあるの??』と疑われてしまう、そのくらいの気持ちでいた方がよいです。

そのためより濃密なコミュニケーションをして相手を知っていく事が必要であることと、このスピード感が自由恋愛と全く違うところなのです。

そのために、いい人だな~、とか優しい人だな~、と深い会話を避けてしまっていてはあっという間に3ヶ月が過ぎてしまい、結局相手のことが何もわからなかった、となって交際終了してしまいます。

自由恋愛でお互いが結婚を意識するまでの2・3年という期間が、結婚相談所ではスタート時点で既に結婚を意識している状態であるため、デートでは次のような深い内容の会話も仮交際中に出来ている必要があります。

・相手がどういうことが好きなのか
・どういう事が嫌いなのか
・お金を使う時には何に価値観をおいているのか
・仕事関係について
キャリアアップを目指して、より仕事が遅くなることもある
将来転職を検討している
女性だったら専業主婦を希望している
・結婚後の住まいについて
将来は実家の近くで住みたい
将来は田舎暮らしを考えている
・犬や猫と一緒に暮らしたい
・子どもについて

などなど、挙げるとキリがなくなってしまいますが、実際にはこれらよりもっと踏み込んだ会話も必要でしょう。
こういった内容を話して相手の価値観を知っていく必要があるからです。

これが、結婚相談所で出会って3ヶ月で結婚を決意出来る仕組みであり、結婚相談所の強みでもあるのです。

デート状況に合わせて時折深い会話をしてみる

結婚相談所のデートでも、いきなり踏み込んだ話をするとちょっと強引になってしまいますのでその点は注意が必要です。

唐突に『子どもは2人は欲しいんです!』とか、『結婚後は仕事をすぐ辞めて専業主婦をしたいんです!』とか一方的に言われても、それは引いてしまいますよね。

会話の組み立てや、ストーリーを交えて『私の希望はこうなんですけど、あなたはどう思われますか?』というようにお互いを知ることが出来るように会話をしていきましょう。

デート状況に合わせた会話をしながら、どんな価値観をもっていてなぜそれが好きなのか、というような軽い感じで自分の価値観を話していくと、違和感を与えずに自然に自分のことを知ってもらうことが出来ると思います。

例えば、公園でデートをしていて子供が楽しそうに遊んでいるのを見た時に、子供に対する思いを話してみるなどですね。

このように会話にも段階に合わせた内容を意識したコミュニケーションを組み立てる必要があります。

深い会話をする時にワンクッション置く理由について

深い話は仮交際2ヶ月目に入ったころを見計らって、徐々にしていくのがちょうど良いかと思います。

注意点として、深い話に入る時はデート中にいきなり話し始めるのではなく、ワンクッション置いて相手の心の準備も出来た状態で会話をするのが良いでしょう。

例えば、お昼は深い話は無しにして、お互いに楽しくデートを楽しみましょう。
その後に
『あなたのことをもっと知りたいと思っています。もう少し落ち着いた場所へお店を変えてお話しませんか?』
というように、相手へ準備時間を与えたうえで深い話を切り出すので良いでしょう。
話す内容は適宜アレンジしてくださいね。

ここで重要なことは、あなたとの結婚について真剣に考えています、という気持ちが伝わっていることが重要です。

もしこの思いが相手に伝わっているにも関わらず、深い話や結婚についての踏み込んだ内容の会話を拒む相手の場合、結婚に対して前向きではないのか?ともとれます。

その方とのお付き合いは継続しつつ、別の相手を探すなどの対応も検討する必要があります。

結婚を考えている2人がお付き合いしているのに、踏み込んだ会話もしてくれないような相手は、次の様な人の可能性があります。

・そのそもあなたとの結婚について迷いがある
・深い話をすることがそもそも苦手な人

いずれにせよ、今後にもっと深く重要な会話をしていく必要があるのに、そのような方を選んでしまうと結婚生活がより厳しくなる可能性もあることを想像なければいけません。

それくらいシビアに相手を見定める気持ちでデートをして頂きたいです。

もし、仮交際までは進むけども真剣交際まで発展出来ないというお悩みがあれば、それはデートの濃密さが足りていない可能性もあります。

ただ漫然とデートをするのではなく、将来を見据えたデートが出来ているか、また、どのような会話をすればよいかお悩みの際は、お気軽にカウンセラーにご相談くださいね。

専任カウンセラーがご相談をお受けしています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次