絶対NGなお見合いの服装~これを選べば負け確定

こんにちは!
大阪市鶴見区にある40代・50代専門の結婚相談所 鶴見結婚相談所@LINKSです。


お見合いの時の服装は慎重に選んでいますか。

初めてお見合い相手と会う時に、最初に相手に見られるところは服装です。

そのため、相手に与える印象はとても大きなものになります。

もし、マイナスの印象を与えてしまった場合は別の部分でリカバリーしなければならなくなり、お見合いの展開が難しくなってしまいます。

そういった意味では、服装の印象が良いというだけで、お見合い相手が勝手に良い印象を持ってくれるので楽ちんなのです。

そんな服装ですが、お見合い時では絶対NGなものもあります。

知らず知らずのうちにNGな服装やアイテムを使っていれば、チャンスを逃してしまいますので、どんなところを注意するべきかをこのコラムではお伝えしていきます。

ぜひ参考にしてみてください。
目次

服装のカラーを気にする

お見合いの時は服装のベースカラーに気を付けたいところ。

このアドバイスは主には女性向けですね。

明るい色、特に白系を多く取り入れるとメリットは多いと考えます。

理由は、清楚で明るい印象を与えてくれることと、白色は光を反射させることです。

上半身の服装に白色を持ってくることで、レフ版の役割をしてくれて、しかも顔色や表情をよく見せてくれる効果が期待できるためです。

40代、50代女性で注意したい色はずばり黒系です。

もちろん、黒系にもメリットはあります。

収縮色なので痩せて見え、スリムに見せたい人には効果がある色となりますが、白色とは反対の効果から、顔色も暗く見えがちでクマやシミが目立ってしまうため、黒系は避けましょう。

また、ピンク色も女性には人気の色ですが、可愛いというイメージのある色になるため、40代、50代女性では難しい色になります。

特に少し濃いピンク色などは、年代的に『林家パー子』さんになってしまう恐れがあるため控えるのが無難です。

一方の男性は、お見合い時はスーツを着用する方も多いことでしょう。

スーツは暗めの色合いが多いですし、落ち着いた印象に見えるため40代、50代男性には良いアイテムです。

女性とは真逆ですね。

このようにスーツが多い男性なのですが、最近はジャケットで堅苦しくならないようにみせる方も多いです。

そのため、他の男性との差別化として明るい印象のジャケットを着用することもお勧めです。

ですが、あまり明るすぎる色は落ち着きの無さや、チャラいイメージを与えてしまうため、オシャレだとしてもお見合いの場では避けるのが無難です。

男性は清潔感を心がける

清潔感は女性にとっては重要なポイントなのに対し、男性はあまり意識が向かないところです。

そのため清潔感をしっかりと意識できる男性は、それだけで他の男性より優位に立つてると言えます。

男性が清潔感を勘違いしやすい点として、洗濯したての服であればきれいで汚れていない、という観点で見ていたりしますよね。ですが、女性は選択していることは当然のこととして捉えているのです。
その上で、アイロンを当ててシワ伸ばししているか、袖口や襟元は黄ばんでいないか、糸がほつれていないか、といった観点で見ているんですね。

清潔という言葉のイメージから男性と女性の意識が違ってきているのです。
このため、男性は女性目線での清潔感を意識して服装を選択をするべきなんです。

特にシャツの襟や袖口などは常に表に見えるところなので、男性は要注意です。

この服装は避けるべし

この項目は男女とも気を付けたいところ。

そのため、それぞれのNGについて記載していきます。

NGな服装 男性編

男性のスーツスやジャケットのトレンドは大きく変わることはありませんが、それでも型の古いスーツなどは結構わかるもの。

そのため、何年も前に購入したスーツもNGです。

型が古くなったかな?と思った場合は思い切って新調しましょう。

スーツやジャケットは体型に合っていることが前提ですので、太ってしまってピチピチになっていたり、痩せてしまってダボダボになったりしている場合も新調した方が無難で、これはパンツも同様です。

次は靴にも気を付けてください。

女性は足元もよく見ているため、油断は禁物ですよ。

汚れは落とし、きれいに磨くことはもちろんのこと、踵がすり減ってきている靴はやめる、もしくは修理に出してしまいましょう。

そして男性のお見合いの服装で、一番難しいところがバッグではないでしょうか。

男性の愛用度が高いバッグはたくさん物が入るリュックですが、お見合いでリュックは完全にNGです。

また、ビジネスバッグも仕事のイメージがついてしまうため避けるべきでしょう。

そして一番NGなバッグは言うまでもなくセカンドバッグでしょう。

使っているだけでオジサン感出まくりですので、お見合いもデートでも避けるアイテムです。

では、どんなバッグを使えば良いかというと、お勧めはトートバッグやクラッチバッグです。

予算に余裕があれば買ってみてはいかがでしょう。

NGな服装 女性編

次に女性編ですが、お見合いというTPOに合わせた服装になっているかを意識しましょう。

特に、ハイブランドを多数着用することは、お金がかかりそうな女性という印象を男性に持たれてしまう恐れがあるため、避けるようにしましょう。

ハイブラを使うとしても、お見合いの席ではワンポイントとして使うことをお勧めします。

次に露出の多い服装もNGです。

女性の魅力を伝えたいのかもしれませんが、露出が多いと男性からは性の対象として見られてしまいます。

胸元や足はもちろん露出は控えるべきで、夏だとフレンチスリーブもお勧めです。

出すところは出して、隠すところは隠すというメリハリをつけましょう。

そういった意味では、お見合いの席でのパンツスタイルも避けたいところなのですが、パンツスタイルについては、女性仲人と男性仲人では意見が分かれるところでしょう。

男性仲人の意見としては、お見合いで女性に着て欲しいのは女性らしさの出るワンピースやスカートスタイルで、やはり男性ウケもよくて人気なのです。

スカートと連動して40代、50代女性は生足はNGと心得るべきで、そのためストッキングの着用は必須です。

判断に迷うのが、冬場の厚手のタイツですね。

相談所によってOK、NGと意見が分かれるところなのですが、私の意見ではお見合い時はタイツは避けるべきアイテムです。

理由は、タイツは普段着のイメージが強くでてしまい、カジュアルになってしまうため、お見合いというフォーマルな場面では合わないためです。

さいごに

NGな服装を何気なく使っていた、など服装でのお悩みなどがありましたらお気軽に無料相談からご相談くださいね。

専任カウンセラーがご相談をお受けしています。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次